あなたは合コンに参加したことがあるだろうか
 
合コンはかなり一般的な出会い方であり、世の中に広く浸透している。
 
しかし、実際合コンで出会うことは、他の出会い方と比べてどうなのか。
 
今回はそれを検証するために合コンのメリットとデメリットを探っていく。
 
 

合コンで出会うメリット

 

身近にいない異性と出会える

 
合コンのメリットの一つは、自分の身近にいない異性と出会えることではないだろうか。
 
自分のコミュニティに同性しかいなかったり、おんなじような趣味の人しかいない場合でも、合コンに行けば普段接しないような人に出会える。
 
もちろん、出会い系やナンパでもそのような人と出会うことができるが、それらよりもやはり気軽だ。
 
 
 
というのも、特に女子からしたら、出会い系にまだまだ抵抗があったりして登録しない人は多いし、ナンパであればもっと抵抗感は深い
 
しかし合コンであれば怪しいイメージはないので、そのような人も足を運んでくる。
 
つまり、つながりさえあれば合コンは誰とでも出会えるのだ。これは超絶メリット。
 
 

恋愛になりやすい

 
一般的に人が出会う瞬間というのは、まだお互い恋愛モードに入ってない場合がほとんどだ。
 
職場での出会いであれば、先輩後輩の関係や、同僚の関係、つまり最初は単なる仕事仲間だ。ここから恋愛に発展するにはいくつかの壁を越えなければならない。これは学校でもクラブでも同じだ。
 
しかし合コンはこれらとは違う。
 
お互いに出会いに来ているのだ。恋愛がしたいのだ。
 
だから合コンで男女が出会えば、友達というフェーズが必要ない。
 
最初から恋愛できる。お互いに恋愛モードに入りやすいのだ。
 
 

合コンで出会うデメリット

 

料金が高い

 
合コンのネックとしてまず思いつくのは料金だ。
 
合コンに行くということは飲みに行くということ。
 
特に男性は女性よりも多めに払ったり、全奢りすることも珍しくない。
 
仮に一回5000円で、4人くらいとしか知り合えないとなると、やはりナンパと比べるとひどい。
 
 
 

ライバルの存在

 
合コンは一対一ではない。必ず同性がいる。
 
恋愛する場所に置いて、同性というのはライバルになり得る。
 
うまくチームワークを発揮してお互いにメリットにできればいいが、下手をすると、自分の狙っていた子が取られることもあるかもしれない。
 
そういうせめぎ合いは合コンにはつきものだ。
 

ハズレの可能性

 
合コンでは女性を選ぶことはできない。
 
いや、できることもあるかもしれないが、大体の場合は、当日女性を知ることになる。
 
これはガチャガチャを回すのと同じだ。
 
当日までの楽しみがあるのはもちろんだが、その代わりに、ハズレを引いてしまう恐怖もある。
 
もしも合コンに来た異性が全員が興味のない人だった場合、2時間が地獄だ。お金も無駄になる。
 

コネが必要

 
合コンに参加するためにはコネが必要だ。
 
コネといってもそんな大層なものではないが、友達は絶対必要だ。
 
それも、異性との繋がりのあるような友達が必要だ。
 
合コンを開いたり参加するためには最低限の社会性が必要になってくるのだ。
 
 

まとめ

 
今回は合コンで異性と出会うことの是非を考えてみた。
 
合コンは結構一般的な出会い方ではあるが、これを機にもう一度見つめ直したらいいと思う。
 
実はもっと自分にあった出会い方があるんじゃないかとか、各々発見があれば幸いだ。