あなたはナンパしたことがあるだろうか?
 
女性はまずないだろう。女性向けナンパ記事は別に書いているのでそちらを読んで欲しい。
 
 
 
ナンパで異性と出会うのにどのようなメリット・デメリットがあるのか、今回考えていこう。
 
ナンパしようなんて考えたことがない人も多いと思うが、そんな人も今回の記事を読んで改めて考えてみて欲しい。
 
 

ナンパして出会うメリット

 

世の中の全員がターゲットとなる

 
ナンパする人の誘い文句でよくあるのがこれだ。
 
ナンパすると、街を歩いている異性全員と出会うことができる
 
これは別の記事で紹介した出会い方にはないメリットだ。ナンパならではだ。
 
 
人類はもともとナンパで出会うしかなかったのだ。今でもそういった国はある。
 
しかし、社会が形成されたり、生活が便利になったりする過程で、なぜかナンパをする人が減ってしまった。「ナンパ=悪いこと」のようなイメージが染み付いてしまっている人も多い。
 
現代ではコミュニティの中で出会ったりするのが普通になってきているのだ。コミュニティとは職場やサークルなどのことだ。
 
 
 
 
そういったコミュニティ内恋愛は楽である一方で、自分の出会いの範囲を狭めてしまっているとも言える。
 
大きいコミュニティでも100人程度、異性を考えると50人程度としか知り合えない。
 
しかし、ナンパをすれば、その数は無限になる。いくらでも出会える。
 
ナンパを決意した瞬間に少なくとも「出会いに困ること」はなくなるのだ。
 
 
これはナンパ最大のメリットと言えるだろう。
 
 

技術が培われる

 
大量の異性と出会えるということは、大量の経験を得られるということになる。
 
つまり、普通の人よりも多くの試合をこなし、自分の腕をあげることができるのだ。
 
これにより、今後の人生でナンパでない状況で素敵な異性が現れた時にうまく口説くことができるかもしれない。
 
またこれは何も恋愛に限ったことではない。
 
ナンパというは異性に対して自分を売り込む営業に他ならない。
 
だから、仕事上でも営業の腕が上がる可能性が高いのだ。
 
実際、新入社員の研修でナンパを取り入れている企業があるほどだ。
 
また、営業でなくても、勇気や度胸がついたりすれば今後の人生に大きくアドバンテージになるだろう。
 
まずは自分磨きのつもりでナンパをしてみるのもありかもしれない。
 
 

ナンパして出会うデメリット

 

メンタルがきつい

 
ナンパがおすすめだと言われても、今までやってこなかった人がすぐにできるわけではない。
 
そう、ナンパには勇気が必要なのだ。
 
そして勇気を持って話しかけた後は、相手を魅了するトーク力も必要
 
またトーク力だけでなく、自分の雰囲気やら何やらが必要になってくる。
 
ナンパという出会い方において、求められるものは、他の出会い方よりもはるかに多くなってくる。
 
なぜなら路上でいきなり話しかけることが日常ではあまりないことだからだ。
 
話しかける方も話しかけられる方も、お互いにあまり経験がないのだからうまくいくのは難しい。
 
だから最初は失敗が続くだろう。
 
失敗が続いても心が折れないメンタルをあなたは持っているだろうか。
 
 

女性に対する感情が擦れてくる

 
ナンパにある程度慣れてくると、失われるものもある。
 
それが、女性に対する敬意だろう。
 
たくさんの相手にはなしかけるということは、どうしても一人一人を軽視してしまうことになる。
 
「次があるから大丈夫」というポジティブな気持ちは、今目の前の女性を軽視することに近い。
 
また、ナンパで声をかけて自分を売り込むためには多少の嘘をつくこともあるだろう。
 
そういった嘘の積み重ねにより、嘘をつくこと、女性を騙すことに抵抗がなくなってくるかもしれない。
 
また、セックスを目的にナンパを続け、いろんな相手と関係を持ってくると、セックスに対する感動が薄れてくる。女性を好きになれなくなるかもしれない。
 
またいろんな相手と身体の関係を持ってしまうと、浮気をしても何も感じない性格になってしまうことも容易に想像できる。
 

まとめ

 
今回はナンパすることのメリットとデメリットを紹介した。
 
ナンパは他の出会い方と違ってかなり技術が必要な手段だ。
 
しかしその見返りとして、得られるものも大きいかもしれない。
 
人生経験として一度挑戦してみることもありだろう。